夏のおわりと 秋のはじまり






八月
我が家に新しい家族が増えました
小さくて元気な 女の子

名前は「花鈴」

窓辺の風鈴が
りんりん揺れる
夏に生まれたので花鈴

お花のように 健気に
鈴のように可愛らしくげんき良く
と 願いを込めて

これから 夏がくるたび
穏やかな気持ちで
風の音に耳をすませたいなと思います


生後1月目の夜は
スーパームーンの満月で
鈴虫の声もしていました

夏の終わりと秋のはじまり


2児の母になったけろぼは
ひとりで 張り切ったり 気負ったりしていたけれど
家族皆に支えられて
なんにも怖がることはありませんでした

小さなお兄ちゃんは
おぼつかないながらも
一生懸命 妹の世話をやいてくれて


1人目の子育てを
当たり前にできなかった分

いま 当たり前に抱っこをしたり
お乳をあげたりできることが
とても有難く 幸せに思えます

どうか こどもたちが これからも
すくすくと おおきくなりますように

すきだった
金子みすゞの詩がこの夏は
前よりずっと深く 胸に響いて

花鈴の子守唄は この歌になりました

**************

わたしが両手をひろげても
お空はちっともとべないが
とべる小鳥はわたしのように
地面をはやくは走れない

わたしがからだをゆすっても
きれいな音はでないけど
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい

「私と小鳥と鈴と」金子みすゞ

**************

これからきっと
疲れてしまう日も
てんてこまいの時も
泣きたくなることも
あるかもしれないけれど

誰とも比べたりしないで

今しか味わえない時間を
胸に刻みながら
大切に暮らしていきたいです


けろぼの家族
4人と2匹を
これからも どうぞよろしくおねがいします




スポンサーサイト
【2014/09/11 22:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<冬のあしおと | ホーム | まいにちが おたんじょうび>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/363-dc28ede0
| ホーム |