スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あれ けろむしがないている
ちんちろちんちろちんちろりん

こんばんは けろぼです
窓をあけると金木犀のかおり
森を歩けばどんぐり
夕方の草むらからは秋の虫の声

地球ってなんていいところなんだろうとしみじみしています

ぼうやを育てていると、

絵本を読んだり 歌をうたったり
子供用のテレビをみたり
自分が子供の頃見聞きしていたものに触れて

幼い頃の感覚に近づいてく気がするときがあります

はっと気がつくとつい
ぼうやよりも自分が夢中で遊んでいることもチラホラ。


だから子育てって
面白い、面白いってみんな言うのかな


そんなわけでこの頃のきにいった絵本
⚪︎そらとぶパン
⚪︎おおきなおおきなおいも

なつかしの絵本
⚪︎ノンタン
⚪︎11ぴきのねことあほうどり
⚪︎ちびくろさんぼ

※ぼうやはもっと、お話じゃない感じの絵本がお好みの様子
⚪︎ぴよぴよぴよ
⚪︎もこもこもこ

秋なので
とんぼのめがね
ゆりかごのうた
更けゆく秋の夜

なんかをうたってウットリな夜長。


小さなぼうやは
たくさんの新しい感覚をおしえてくれて
きまりもなくて
自由で

翻弄されることもたくさんあるけど
「母さん」で在れることが
ありがたいです

いつまでもつづくわけじゃないこんな日々、
二度と戻らない今日を
大切に生きたいです



おまけ
ぼうや画伯とコラボレーション
「とり」
スポンサーサイト
【2013/10/10 23:44】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<one.o.one great grand mather | ホーム | きろく>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/357-a383ac03
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。