ケロボッティとsweetyちゃんの旅 4日目 free time
イタリアスペインの旅4日目

朝からフィレンツェの町を観光して
午後はfreetime!!

ランチはyellow barで
トマトとにんにくのスパゲッティをたべた!
ボーノボーノ!!
前菜の生ハムとモッツァレラチーズの盛り合わせも超おいしくって ぺろんちょ!

フィレンツェは 映画「冷静と情熱のあいだ」
の舞台となった場所で
このbarは 撮影の合間に竹之内豊もお気に入りで通っていたそうな!!

腹ごしらえを済ませた後は
バルジェッロ博物館へgo!
PICT0380_convert_20110531153648.jpg


建物は昔、牢獄とか警察として使われていたらしい
真ん中が抜けていて ちょっと涼しくて開放的

外にも中にも 彫刻、象牙工芸品、お皿・・・とたくさん展示してあります
ここの博物館は意外と自由な空気で、人も少なかったので
大理石彫刻も すごく間近にせまって観られました!



ミケランジェロとかジョルジョとか
石膏デッサンしていた まさにそのオリジナルが展示されていて
二人でちょっと鼻息荒くしました!

ブルータスが出張中だったのは残念!!
PICT0381_convert_20110531154940.jpg

知っている彫刻でも 知らない彫刻でも
ほんっとうに生きているようで!
動き出しそうで 肌も、筋肉も 血の通っている人間みたいだった!

建築の装飾物でもなく、
広場の高い台座のうえにあるのでもなく、

手をのばせば触れるほどの目の前で見ると
 よりそのすごさが際立ちました!




石膏デッサンのモチーフとしてみていた石膏は
オリジナルから何版も繰り返してとった雄型で作ってあるものなので、
彫りや形も かなりゆるくなっていて、
オリジナルを観ると ぐりぐり彫ってあって、シャープで
ぜんぜん違うな!ってかんじでした。

むしろ あまりにもシャープで印象さえ違って見え、
ミケランジェロを見つけたときも、
そっくりさんかと 疑ったほど!

ケロボッティもsweetyちゃんも 高校時代に
汗水たらしてデッサンした仲間なので、
イタリアに来て、あの頃描いていたモチーフのオリジナルを
一緒に見れるっていうのも ちょっと感慨深かった!


博物館をでて 次なる目的は・・・
PICT0361_convert_20110531161042.jpgサンタマリアデルフィオーレ大聖堂・・・の 
クーポラへ登ろう!!
これまた 冷静と情熱のあいだの映画で
ヒロインとの 待ち合わせ場所になっていたところ。
高校生だか大学生だかの頃みた あのロマンチックな映画
竹之内豊と エンヤの音楽と フィレンツェの町並み・・・

ロマンチックな頭とは裏腹に
なんと クーポラは
とにかく とにかく 暗くて 細くて 天井低くて めちゃくちゃ急な階段を
ひたすらに登らなくてはならないのです!!

最初は 面白半分
中盤から相当グロッキーです
それに細い細い階段には踊り場もほぼないので
一気に上ります!!
前の人のおしりしか見えない。
前のアメリカ男児2人組、ぜーぜー言いつつ ハイペース!!

噂どおり、「動悸と息切れのあいだ」
以外にも過酷!!

20061206_231931.jpg


















時々あいている 小さな小さな窓から見える景色が
すこしずつ すこしずつ 高くなってきます

ぜーはーぜーはー
・・・・・・・・・・・・・・・
ゼーハーゼーハー
・・・・・・・・・・・・・・・
頂上目前にして、
ついに 後ろから来ていたsweety氏は 足を止めて 
小さなスペースに入って休憩していた

その間、 一気にラストスパートにかける ケロボッティ!!!!
ふぎーーーーーーー!!
きっつい!!

ついに外の光が差している 穴にかけられたはしごをのぼっていくと・・・!!

PICT0394_convert_20110531162949.jpg

PICT0395_convert_20110531163057.jpg

PICT0400_convert_20110531163116.jpg



















美しいフィレンツェの町の景色が 迎えてくれました!!

真っ白いクーポラの上で、
明るい日差しが反射して、
風がひゅーっと吹いてきて

きつかったのも忘れちゃうくらい
気持ちいい!!!
きつかったぶんだけ 美しい!

息を整えつつ、 景色に見入っていると
あとから sweetyちゃんも よろよろと 穴から上がってきて
風に吹かれて
ぴゃーと 感動していました。

青空とフィレンツェの町をバックに 日に照らされて風に吹かれていると
竹ノ内豊じゃなくても みんながかっこよくみえる!
クーポラマジック!

360度フィレンツェの町の眺めを楽しんで、
満足いくまで風に吹かれたケロボと sweetyちゃん。

さて、そろそろおりますか。
と 穴に入っていくと
今まで外にいたギャップで ますます 中が真っ暗に見える!
くだりの通路の目の前に建つと、
いい感じの急斜面だったので
「へえー、帰りは滑り台なんだね!」と
sweetyちゃんに 報告していたら、

目がくらんでいただけで、
滑り台さながらの 急スロープも しっかり 階段になっていて
滑り落ちそうになりながら
よたよたと 登った数だけ降りたのでした。

DSC_0176_convert_20110531164327.jpg
下りながら クーポラの内側に描かれた審判の絵も めちゃくちゃ近くで観れました。
したから見て丁度いいサイズになるようになってるので
すーんごくでっかくって、

これを 天上にえび反りになりながら 描いたのかと思うと
途方も無い気持ちになりました。



********************************************

連日の観光で 
石畳を歩き倒し、さらに クーポラに登って、
思いのほか脚力を消費したK&S 
毎日 昼間は真夏のような暑さで この日の日差しも相当なもの。

ちなみに石畳も、 微妙に平坦じゃないので 油断するとつまずいたり、
タイルが取れていたり 外れかかっていたりと、地味に脚力を奪う!
見た目は ステキングなんだけどねぇ。

すっかり 脱力した二人は
GROMの イタリアンジェラートを食べに・・・!
そして のみものを一気飲み。

少し回復したら
よろよろと ベッキオ橋のほうへ・・・
向かう途中に さりげなく
フィレンツェ名物の いのししちゃんと遭遇
2052232466_ffdd3b2b3f_convert_20110531165704.jpg

PICT0418_convert_20110531165437.jpg









↑このいのししちゃん、鼻をなでるとまたフィレンツェに戻ってこれるという
みんなが鼻をなでるので、
はなだけ ピカピカ。
さらに、口のところが噴水になっていて
水が出ているんだけども、
水量が めちゃくちゃ少量で・・・

「足を崩して横たわり、 よだれをたらしながら ベッキオ橋の前に鎮座する いのしし」
になっていました ぷぷぷ

橋を渡って、
橋からの眺めをたのしみ、
また GROMにいって ジェラートを食べ、
あとは 町ブラしたり
休憩したりしながら

大聖堂前の広場で ぐうたらしました。

聖堂の後ろの空が少しずつピンクに染まったり、
聖堂の前の階段で いろんな国の老若男女が くつろいだり語らいだり
そんななか ケロボたちも座って、フィレンツェの町に
溶け込んだつもりになって くつろいだのでした。


5日目につづく!


スポンサーサイト
【2011/05/31 17:26】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ケロボッティとsweetyちゃんの旅 5日目 | ホーム | ケロボッティとsweetyちゃんの旅 4日目 前編>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/321-39a0f0ec
| ホーム |