スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ケロボッティのたび 長い一日目
sweetyちゃんと ケロボッティのイタリアスペインのたび
10日間もあって
若干忘れかけているとしているところも なくはないですが

とりあえず
思い出を振り返りながら残しておこうとおもいまぷ!

まずは1日目

アリタリアーイタリア航空で
成田からローマへ!
その日もとってもお天気で
初めての大旅行に うきうきテンションMAX!

PICT0004_convert_20110525202326.jpg






成田に早めに着いたので
2階のカフェで お茶することに

そこは外国の航空会社の荷物預かり所の真上だった
朝なので空いているけれどカウンターとお客さんが丸見えだ

みていると
外国青年が 日本から母国に帰ろうとしている模様・・・(もちろん受付も外国人女性スタッフ)

預けようとしているリュックには なんと日本刀(おもちゃ?)が刺さっている!

「あんなの買う人いるんだねー ぷぷぷ
外国からすると ジャパニーズ so cool!!なのかねぇ」

と話しながら 見守るケロとsweety

しかしながら その日本刀が邪魔で 荷物預かりが相当てこずっている様子だ

2階のカフェから見守り続けるK&S(ケロ&sweety)
なにやら しきりに言い合っている

てこずる
てこずる

そしてついに 外国人青年は日本刀の柄に手をかけた!!


リュックから抜き出された日本刀は なんと
日本刀の柄をした 傘だった!!

アンブレーラー!!

ケロボとsweetyは 大爆笑し
そんなこんなで
ミルクを味わうのもそこそこに 集合場所へ向かった

*********************************

「太陽きらめく芸術と情熱の国を周遊 イタリア周遊&バルセロナ10日間の旅」 byH.I.S

19名のツアーで その殆どがハネムーナだった
みんな超やさしくて
添乗員さんも やさしくって かわいくて 朗らかなひとでホントに良かった

飛行機にのってみると既にそこはイタリアだった!

イタリアの航空会社なので 日本人のCAさんはわずかで
殆どがイタリア人だった

ウカレポンチなケロボは 早速 覚えてきたイタリア語と復習してきた英語で
しゃべったりしてニヤニヤ

イタリア人はこんなケロボにもとてもやさしい

 まず最初の機内食は
ハネムーナ専用のやつ!
PICT0011_convert_20110525204349.jpg









機内食がおいしかったという意見は
今まであまり聞いたことが無かったので
期待してなかったんだけど
おすしとかで 結構おいしかった
そして かわいい

ハッピーハネムーンって書いてあるケーキは もんのすごく甘くてデカくて
1口でギブアップしたけども。

横で食べていたsweetyちゃんは
ハネムーナ用じゃない機内食のほうが美味しそうだ!!と
首を伸ばして周りを気にしていたけども

まあ 雰囲気が盛り上がって いいねいいね!!


ワインとお菓子と機内食で一通りはしゃいだ後は
しばらく 体操したりしつつ
携帯(電波オフモードにすればつけてていい)に入れてきた
コジコジを鑑賞しつづけ
おねむになったら お昼寝し・・・としていたら ローマについた
12時間くらいの空の旅
思ったより元気だった!

そこから 飛行機を乗り継いで ミラノ(マルペンサ)へ!
そして バスに乗ってその日泊まるホテルへGo!!
すっかり夜も更けてきて

このあたりから だんだん 体力も減ってきてグロッキーに・・・

ホテルへついて 添乗員さんから説明を受け
それぞれの部屋へ・・・
だいぶ深夜になっていたと思う
そして 翌日も早起きだといわれた
ああ・・・今日はゆっくり寝たい・・・ とりあえず 早く 一刻も早く寝ないと・・・!!

部屋へ行き
カードキーをさした sweety氏
部屋に期待を抱きつつ
扉を開けた

そこには!!


ペラペーラペラペーラペラペーラ!!

なんと
上半身裸の イタリア人のおっさんがいた!!!!

意識が朦朧とするK&S
しゃべり続けるイタリア人おじさん

言い返し方がわからず、
しゃべっている内容もわからず うろたえるK&S

ハネムーナホテルじゃないのかよ!
何じゃこりゃ!!
と 
パニクリながらも

「でなおしてきます!」
と、純日本語で言い放ちドアを閉めた

びびる。
イタリア恐るべし。

フロントに戻り添乗員さんに報告。
フロントの係りの人が平謝りしてくるのかと思いつつ

まるで涼しい顔で なにやら調べていた。
そのうち 部屋に入っていたイタリアおじさんも フロントにきて
なにやらしゃべって 出て行った・・・

どうなっているんだ・・・と 疲れた体でよろけながら待つこと数分

新しい部屋のキーを渡され そっちに泊まった。


イタリア人の仕事だとそんなことはよくあることらしい。

どうやら もう一泊泊まるつもりだったイタリアおじさんと
もうチェックアウトしたと思っていたホテルの人の行き違いが原因だとか・・・??

いまいち納得できないが
とにかく とにかく疲れていたケロボは
よろよろと 鍵を握り締め
新しい部屋へ向かい、

無事に初日の部屋をゲットした。

PICT0029_convert_20110525210316.jpg








与えられた代わりの部屋は 魚のダシみたいな変なにおいがしていた
後日同じツアーの人の話を聞いたら 本来泊まる部屋より小さくなっていたようだ

そんなことは どうでもいい

とにかく 泥のように眠った
イタリア人の洗礼は 強烈だった


一日目はこんなかんじ。

おもしろかったなー

ながかったなー

観光日記はすいすい書きます!


スポンサーサイト
【2011/05/25 21:12】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ケロボッティとsweetyちゃんの旅 2日目前半 | ホーム | ただいま>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/314-b842c007
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。