春のおしたくと あるきまわり 
hs-insta-11-00_convert_20110405211856.jpg
















清澄白河にある Tomio Koyama Galleryに
「杉戸 洋-青木 淳 needle and theread」という展示をみにいってきた!

・・・インスタレーションで わけわかんなさ炸裂だったけど
ついつい ひきよせられて じりじりと観てきた

釘とか糸とか 網とか玉とか 光とか影とか
いろんな素材を組み合わせて 不思議な空間になっていた

写真の でっかいレモンみたいな光る気球と その奥にあった
宇宙みたいな絵を含んだ部屋のが好きだった


こうゆうARTはわけわかんなくて
でも なんか 押されたことがないツボをおされたみたいで
心地よくて ちょろりやみつきになる。好きなやつは。

おもしろくって わけわかんなかったなーと思いながら
ギャラリーを後にしたら
帰りの道中 街中の素材や空気が とっても新鮮に存在しているようにみえて

ああ・・・この感覚を 来た人に感じさせるための 空間だったのかなあと
わからないなりに わかったような気になった


それにしても 
このギャラリー、 はじめていったんだけども
HPの丁寧な地図のわりに 入り口がとてもシレっとしていて
表も裏も 裏口みたいで
エレベーターも搬入倉庫みたいで (むしろ 搬入倉庫で)

入るまでにうろうろしてしまった

その上 会場は7階なのに
エレベータのボタン表記は「R」という・・・

あといっぽで 勘違いして帰るところだった!!

あぶないあぶない


きょうは朝から
くるくる動き回って
あれこれ 春したくをして

公園でも桜が咲いて
ぽかぽかしていて

とても心地よかった 
スポンサーサイト
【2011/04/05 21:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<una memoria!! | ホーム | ありがとうとこれから>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/308-8449779b
| ホーム |