スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ジュゼッペに教えてもらったこと
ひょんなことから

いしいしんじ著の「トリツカレ男」というお話をよみました

主人公ジュゼッペは、あらゆるモノやコトに
はまっちゃう(トリツカレちゃう)性質の男

トリツカレたら たちまち 周りは見えないくらい
寝ても覚めてもそればっかり
・・・オペラ、三段跳び、サングラス集め、昆虫採集・・・
トリツカレたものは、どれも夢中になるあまりに、
一流になるまで極めちゃう 
そんな トリツカレ男のお話。

とてもピュアなお話で、
心が洗われるみたいでした

中でも 特に心に残ったのは
この会話(ジュゼッペに対して)

***********************************************

「きみはさ、トリツカレ男。(中略)街のみんながおもしろがってるってね」

「なにかに本気でとりつかれるってことはさ、みんなが考えてるほど、
 ばかげたことじゃあないと思うよ」

「そりゃもちろん、だいたいが時間のむだ、物笑いのたね、
 役立たずのごみでおわっちまうだろうけれど、
 でも、きみが本気をつづけるなら、いずれなにかちょっとしたことで、
 むくわれることはあると思うんだ」

************************************************

自信がなくなったり いきづまったりしたとき
また 読み返したい お気に入りのお話になりました

トリツカレ男 (新潮文庫)トリツカレ男 (新潮文庫)
(2006/03)
いしい しんじ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
【2010/04/29 11:33】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ふしぎ ふしぎ | ホーム | look! look!>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/256-5f21af7d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。