スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブロードウェイ ドギマギ
鷹野 隆大がきになるわーんhttp://www.ycassociates.co.jp/artist/takano/takano.html

彼のことは最近雑誌やネットでチョコチョコとみていて知ったのですが~
男性の
しかもFAT manのヌードの写真作品があります。

けろもFATmanを日ごろすごく気にしているし
独特の面白みをかんじているし
(どうもガマガエルを連想)
どうにか なにか 決着を付けたい題材のひとつだったので
鷹野氏の作品は特に 目を引きました。

さらに 彼が写真と向き合うステートメントが
またなんだか うーむと感じ・・・

「大切なのは、剥き出しの現実を丸ごと受け入れることだ。自分の脳の外に世界が存在することを確認し続けることだ。 僕は意味をつける前の人を写したい。それはほんの一瞬しか顕われない。なぜなら、そういう裸の状態で人と向きあい続けるのはとても苦しいから。」

むきだし
建前でなく
素の自分。

むむん。



関係ないけど、
子供のころ見た場面の記憶とか感じた空気とか思い出とか
手の感触とか・・・このところ
ぼーっとすると いつも考えてしまう。

子供のころの記憶との対峙も これからのテーマのひとつになりそうです

CA54SB89.jpg

スポンサーサイト
【2009/03/06 22:39】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<呪文料理 | ホーム | おはよう くれよん>>
comments
Post a comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://keroboccle.blog105.fc2.com/tb.php/148-7277db65
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。